うーたんのHobbyガレージ

ギターとバイクと鉄道と。。。

ファンなら憧れる「歌人」真の原点 それぞれの風

こんにちは。

先週は雪に見舞われましたがみなさんの地域は大丈夫でしたでしょうか。

今晩も降る予報のようですが朝方の通勤ラッシュが心配です。

体調も十分に整えて過ごしたいですね。

そういえば昨夜は皆既月食が見られましたね。

f:id:yuuta0308:20180131215352j:plain

私も久々にカメラを引っ張り出してベランダで撮影しました。

あっという間に月が隠れてしまうんですから不思議ですよね。

 

さて、前置きが長くなってしまいました。

今日はこのブログ初めてのレコード紹介です。

最近、コツコツと村下孝蔵さんのレコード収集をしています。

先日、某オークションサイトをチェックしていたら貴重なアルバムが出品されていて、思い切って入札したところ、落札することができました。

 

それぞれの風

 

f:id:yuuta0308:20180201124718j:plain

f:id:yuuta0308:20180201124719j:plain

1979年に村下さんが自主制作1000枚だけ販売された貴重なLPです。

村下さんのラジオでの話によるとほとんどが自身の音楽仲間が手売りしていて、置いてある店も一件だけだったそうです。

 

f:id:yuuta0308:20180201124720j:plain

f:id:yuuta0308:20180201124721j:plain

歌詞カード。

村下さんの楽曲の多くはCD化されていますがこのアルバムは未だCD化されていません。

村下さんの公式デビューは1980年でしたからそれ以前のアルバムはなかなかCD化されないのでしょう。

とは言え、「それぞれの風」に収録されている一部の楽曲は「純情可憐」というアルバムで一部復刻されています。

 

f:id:yuuta0308:20180201124722j:plain

若き日の村下孝蔵

1980年にデビューした村下さんの1stアルバムは「汽笛がきこえる街」でした。

それから81年の2ndアルバム「何処へ」、82年の3rdアルバム「夢の跡」までの三枚は「街三部作」と呼ばれ、ファンに親しまれています。

ですが真の1stアルバムは「それぞれの風」だったのです。

当時初めてLPを出した村下さんは相当喜ばれていたそうです。

そんな当時の村下さんの思いにふけって今後大切にしてじっくり聴きたいと思います。

 

純情可憐

純情可憐

 
yuuta0308 Hatena Blog / Hatena::Diary